適格退職年金の悩み相談

「適格退職年金制度」は、退職金を支払う為の外部積立方法の一つですが、平成24年3月をもって完全に廃止されます。
法人税法に定める一定の要件を満たすことができれば、税法上の優遇措置が与えらたので、中小企業にとっては魅力的な制度だったのですが、いろいろと無理がきていたのだろうと思います。
さて、問題は「適格退職年金制度」が廃止されたあと、どうすればよいのかということです。
適格退職年金から他制度へ移行するとしても、いろいろとわからないことも多いと思います。
それもそのはずで、これにはかなり専門的な知識が要求されるからです。
いま、中小企業の退職金制度にどのような問題が起こっているのか。
この職金問題の本質を「正しく」理解するためにも、まずは専門家に相談してみるのが良いのではないかと思います。
きちんと理解したうえで、次のステップを踏むのが良いでしょう。
税制適格退職年金制度の終了に伴うご相談は「退職金株式会社」(東京都渋谷区)