経済中心都市の名古屋で太陽光発電を

円安株高で景況感に改善が見られる今日この頃、気になるのが今後のエネルギー事情です。原発の下に活断層が見つかるなど、これからのエネルギー供給を真剣に考えるのは、経済活動の中心地となる名古屋という街においても重要です。

そこで、やはりいちばん手が出しやすい太陽光発電を、これからさらに普及させていくことを考えなくてはならないと思います。名古屋という大都市で各家庭はもちろん、役所や学校などの公共施設、ショッピングモールなどの商業施設が太陽光発電で電気を賄えば、かなり電力会社による発電量負担が減るのではないでしょうか。

それによって二酸化炭素の排出量も抑えられますので、クリーンな街として経済活動の中心の一翼を担う街になると思います。